山梨のセツブンソウは、やっぱり一味違ってた!

<愛知からの大返し>
先週金曜日に休みを取り、母の確定申告も済ませ、父から母への財産(ほぼ家土地だけ)の問題で司法書士さんを訪問し、なんとかこちらも片付きそう。土曜日は、お寺さんが来てくれる日だったが、午前中の割合早い時間に来てくれたので、急いで自宅に飛び帰った。天気予報では、日曜日は午後から雨。午前中は免許の書き換えでどうしても行かねばならなかった。山梨のセツブンソウをみれるのは土曜日しかない。まさに、大返しである(そんなたいそうなもんじゃないけど。。)
虫林さんのレポートされてた山梨のセツブンソウを見て、どうも中部、関西のセツブンソウとは違う顔をしてる。自分の目でぜひ見たいと思っていた。
典型的な特徴を表している花を最初に掲載した。但し、花弁は6葉の八重だった。
b0167256_2343351.jpg

いつもなら、長ーい前置きをおく所だが、今回はずばっと違いを明かしちゃおう。
中部/関西地方のセツブンソウとの違いは、以下の4点である。
1.萼に紫色の色素が発現している(中部/関西地方では、深緑色)。
2.萼が細い(中部/関西地方では、萼は太い)。
3.萼がピンとしている(中部/関西地方では、萼は下方に垂れ下がっている花が殆ど)。
4.花も大きいものが多かった(これは、栄養状態に依存しているかもしれない)。

<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1.画像はクリックして、大きな画像をお楽しみ下さい。
2.撮影場所は、山梨県。
3.撮影カメラは、Eos5D MarkIIです。レンズは、Canon マクロEF100mm f2.8、Canon EF28-70mm f2.8、fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8です。




では、少しずつ解説して行こう。
まずは、全体の写真。ひとつひとつの花は若干小さいので分かりにくいかもしれないが、萼の特徴(紫色を帯びている、細い、ぴんとしている)が確認できる。ここは、民家の裏山で、手入れがきちっとされている印象だった。予想以上に広い面積で分布していた。おばちゃんが裏山の整理をされていてお話させてもらった。セツブンソウの咲いてる箇所、セツブンソウのことはとてもよくご存知だった。
b0167256_23183992.jpg

b0167256_23205049.jpg


全てが先述した特徴を備えているかと問われると、必ずしもそうではない。その数株の萼は、若干下方に垂れ下がっている。
b0167256_23115992.jpg


もうひとつ興味深い変異種?があった。萼がフレッシュな緑色である。紫色の色素がまったく発現していないようだ。つまり、その色素の欠損だ。時折、ひとつの遺伝子欠損や遺伝子の異常が複数の表現型に影響することもあるが、この緑色の個体を見ると、萼が細い、萼がピンとしているの2点は同様なので、単一の色素遺伝子の欠損や変異が表現型に影響しているのではなさそうだ。地域における環境の差が複数の表現型に影響しているように思われる。
b0167256_2323798.jpg

どうやら、緑色の株を誰かが盗掘したようだ。おばちゃんも怒っていた。そういう行為はぜったいやめましょう!こんな可愛い芽も出始めた。
b0167256_23333228.jpg


<昼下がりの木漏れ日を浴びて>
自宅から飛ばして現地に到着したのは、3時過ぎ。昼下がりの光を受けたセツブンソウは、いっそう美しかった。
b0167256_23372340.jpg


b0167256_23375496.jpg


b0167256_23382749.jpg


b0167256_23394171.jpg


<エピローグ>
自宅に着いたのが1時前。新幹線の中で、道路はばっちり調べておいたので、2時間ほどで現地に着けた。新幹線の中でネットに繋がるのは便利だが、mobilepoint(ソフトバンク提供)のスピード、遅すぎる。孫さん、なんとかしてくれ。
開花状況のお知らせを頂いた虫林さん、ありがとうございました。次にもう1カ所別の場所にも行ってみます。
この日は、富士山の夕焼け、星空撮影もしてみたので、後日アップします。
by bjynp | 2011-02-27 23:58 | お花野 | Comments(12)
Commented by アッキーマッキー at 2011-02-28 00:02 x
中部地方のセツブンソウは、こちらの記事でご確認下さい。花弁の形も少し違うように感じられます。
Commented by アッキーマッキー at 2011-02-28 00:04 x
関西のセツブンソウは、こちらから確認してみて下さい。
Commented by はなねこ at 2011-02-28 19:02 x
アッキーマッキーさん、こんにちは。
美人のセツブンソウに会えましたね♪
中部地方関西地方との違いが解説されていて
私にもわかった気がします。(^-^*)

これからますます忙しくなりますね。
Commented by katsu at 2011-02-28 20:32 x
こんばんは~  ご無沙汰です
愕が紫の節分草初めて知りました、私たちが見慣れて
いるのとは違いますね~
昨年伊吹野でピンクのを一株見ましたが、今年も咲いて
くれることを期待して楽しみにしていますが、まだ残雪が
20~30㎝との情報です。
Commented by bjynp at 2011-02-28 22:24
はなねこさん、こんにちは
ホント、美人の花に会えると、ついつい嬉しくなります。
比較画像を掲載できなかたので、次回アップしておきます。
アッキーマッキー
Commented by bjynp at 2011-02-28 22:25
katsuさん、こんにちは
えー、ピンクのセツブンソウですか?3月に見に行きたいですが、下旬ではもう遅いですね。撮影したら、ぜひ拝見したいです。ミスミソウもピンク色の花は綺麗ですね。
アッキーマッキー
Commented by deepseasons at 2011-03-01 21:43
こんばんは~。 アッキーマッキーさんらしい学術的な
説明ですね。 じっくりと読ませていただきました。
紫色の色素が濃い固体種は、更に高貴な気品を感じますね。
虫目線の透過光もキレイです~。
Commented by bjynp at 2011-03-01 23:12
deepseasonsさん、こんにちは
すこし急いで書いたので、わかりにくかったのではないでしょうか?ごめんなさい。
おっしゃるように、山梨の花のほうが気品がありますね。
昼下がりというよりも4時近くの撮影だったので、陽も西に傾き、ちょうど良い光を受けられました。
アッキーマッキー
Commented by fumifumi at 2011-03-02 01:04 x
こんばんは~
愛知へ山梨へと相変わらずフットワークの軽いアッキーマッキーさん
山梨でのセツブンソウ、明らかに見慣れたこちらのセツブンソウとは違いますね。
丁寧な解説で興味深く拝見しました。
紫を帯びた気品のある花姿が、午後の光でますます綺麗に見えます。
伊吹のセツブンソウを待ってるのですが、まだまだ雪の中のようです。
Commented by bjynp at 2011-03-03 05:52
fumifumiさん、こんにちは
いつもありがとうございます。
そうでしょ、やっぱり亜種くらいの違いはあるかと思いました。気品がありますね。
滋賀県はまだ雪の中ですね。いちど三重県にも行っていたいと思っています。説明はすこし乱暴でごめんなさい。
アッキーマッキー
Commented by さな・花の庵 at 2011-03-04 07:59 x
おはようございます。

関東のサイトを見てて、なんとなくセツブンソウのイメージがこちらと違うなと思っていたのは、その為なのね。

いろいろと後のこと、ご苦労様です。
Commented by bjynp at 2011-03-04 23:14
さなえさん、こんにちは
関東のセツブンソウ、まだ見に行ったことがないんですが、ネットで見る限り、花弁の形は中部・関西のセツブンソウに似て、花弁が重なりあって見えますね。
萼は細いですが、紫色の色素は発現してないようです。山梨のセツブンソウが一番遠いように思います。でも、一番美人!?
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧