晩秋のスミレ散策 其の弐

<母校の裏山>
この日(23日)は、母のケアに行く前に、早起きして母校の裏山に出かけた。
いつしか、ここにも紅葉の季節が訪れたようだ。
b0167256_2363964.jpg


登山道を登り始めたここにも真っ赤に燃える葉っぱが真っ先に迎えてくれた。
b0167256_236455.jpg


よろしかったら、Moreボタンを押して続きをご覧下さい。

注:
1. 横置きの画像はクリックすると、大きな画像が見れます。
2.撮影日は11月23日
3.カメラはEos5MarkII、使用したレンズは、Canon マクロ100mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8
野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう!足下の花は踏み荒らさないように注意しましょう!(自戒も込めて)



<シハイスミレとマキノスミレ>
スミレファンの皆様は覚えておられるかも知れないが、いちおう解説しておく。母校の裏山は標高400m強あり、麓付近にはマキノスミレが多く、山頂付近にはシハイスミレが多い。では、その途中は?というと、不思議なことに、どちらもほとんど咲いてない。環境的には松林の林縁、日当り具合、どれを取ってもあまり大きな差がない(若干日当りの悪い箇所が途中には多い)。いつも登り下りするのは北斜面と西斜面なので、いつか南斜面もチェックしてみたい。

それは、さておき、最初に見れるのはマキノのはずだ。果たして咲いているだろうか?数日寒い日が続いたので、萎れたんじゃなかとちょっと嫌な予感。標高100m付近で、いきなり「あった!」と叫んでしまった。「花が咲いてる!」と思ったが、よく見ると萎れていた。「やっぱり、先週の日曜日にこないと行けなかったんだ。」マキノスミレの群生地だけで満足してしまったことにいささか反省。
b0167256_2365089.jpg


でも、マキノにしては葉っぱが立ってない。もしかして、シハイ?いや、この標高でシハイなんて見たことない。じゃあ、葉っぱの裏は?ということで確認すると、やっぱり葉の裏も緑色だった。先週の群生地もそうだったが、マキノもこの時期だと葉っぱは立たないようだ。少なくとも葉先まで垂直に立っているものは見かけなかった。
b0167256_2365511.jpg


<ちょっと一息>
萩だろうか?葉っぱが黄色く紅葉していた。
b0167256_237391.jpg


こっちはびっくり!。ミヤマママコナがまだ元気に咲いていた。しかも数カ所で。
b0167256_23794.jpg


<シハイ、マキノ、ミツモリスミレ?>
冷静に考えると、標高の低い所ですでに萎れているということは、標高の高い所ではとっくに萎れているはず。わかってはいるが、山頂まで登るまでは納得できないのがスミレフリークの性なんだろうか?たとえ花が咲いてなくとも葉っぱだけは見てやろうと、山頂まで葉っぱを観察することにした。
標高300mを越えると、シハイスミレが時折姿を現す。
b0167256_237409.jpg


葉っぱの裏側は勿論紫色だ。
b0167256_2374559.jpg


「おやっ?」シハイにしては丸っこい葉っぱが。もしかして・・・・
b0167256_2375150.jpg


フモトスミレとの交雑種?
b0167256_2381573.jpg


ということは、ミツモリスミレ?
フモトスミレは通常シハイスミレよりは開花時期が遅い。従って、今までシハイを見にきてもフモトスミレの咲いているのを見たことがなかった。ここにはフモトも咲いているのだろうか?あるいは、シハイもこの時期だと丸くなるものが多いんだろうか?
葉っぱだけではなんとも言えず、来年花が咲いたら側弁の基部の毛の有無で判断できることだろう。
b0167256_2383312.jpg


これはマキノスミレ。
b0167256_2391480.jpg


こっちはハグロシハイスミレ。
b0167256_2391898.jpg


そして、2つのスミレの間には葉っぱの立ち気味なハグロシハイスミレもあった。
b0167256_238443.jpg


<マキノとシハイに関する考察>
マキノとシハイは典型的なものは区別できるが、中間的なものは区別が困難。僕は2つのスミレの遺伝子は同じと推察しているのは前回もお話した通り。その根拠は、1) 標高の低いマキノの群生地にはシハイスミレは見られなかったこと、2) 標高差のある棲息地では、標高の低い所ではマキノが多く、高い所でシハイが多く、途中では中間的なスミレの多いことがまずは挙げられる。
さらに、遺伝子の違いではなく、環境要因によって遺伝子がメチル化されて表現型が異なることがすでに科学的に証明されているものもある。例えば、スミレの葉っぱでよく見かけるフイリ。これも遺伝子の違いではなく、遺伝子を修飾しているメチル基の有無(エピジェネシス)によることが明らかにされている。他にもマウスの体色の違い。遺伝子の変異によることもあるが、遺伝子自体は同じでもエピジェネティックな修飾の有無によることもある。厄介なのはいったんエピジェネティックな修飾を受けると、その性質は代々継承されうることだ。関西と関東でそれぞれシハイ、マキノが棲み分かれているのは、そのようなことが原因なのかもしれない。

<エピローグ>
おいおい、山頂のハグロシハイスミレはどうなったんだ?
それはまた次回の機会に。エキサイトブログの1回の投稿画像枚数が最大15枚までとなっているため、どうしようもない。お許しを。

コメントを頂けるようでしたら、「其の參」でお願いします。
by bjynp | 2011-11-28 00:07 | スミレ野


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧