尾瀬花の散策 其の弌 至仏山〜富士見峠

<前回のクイズ>
すでに、皆さんから回答頂いてほぼ出せる考察は出して頂いた。純粋なフイリシハイスミレと見るか、フモトスミレとの交雑と見るかに集約できよう。今の時期ではこれ以上分からないので、来春確認したら皆様にも報告したい。

<空中回廊>
いつものように夜中に自宅を出発し、尾瀬に向かう。この日の天気予報、午後は雨。鳩待峠から急いで至仏山に登る。数十分の坂を登ると、やや平坦なコースとなるが、ここの見晴らしが良い。さながら、空中回廊とも呼びたいくらい。この景色、皆さんにもお裾分け。
b0167256_13896.jpg


そして、こっちは朝露に濡れたノウゴウイチゴ。すでに花期も終盤のため、花弁が2, 3枚落ちてしまっている。昨年7月8日に出かけた時はすでに花がなかった。
b0167256_131146.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月1日
3. 撮影カメラは、Eos60D、Eos5D MARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。



<さて、何からレポしよう?>
と迷ったが、まずは高山らしいお花から。シナノキンバイとミヤマキンポウゲ。いずれもビタミンカラーで、すこし疲れた体と心を勇気づけてくれる。
b0167256_131416.jpg


そして、湿原に咲いていたハクサンコザクラ。少し離れていたのでトリミング。この日はユキワリソウは見れなかった。
b0167256_131729.jpg


標高2100mくらいまで登ってここからオゼソウやジョウザンキバナノコマノツメが咲いてくるのだが、なんと雪渓が大きくはだかった。「もしかしたら、雪のない所に咲いてるかも?」いつもなら、蛮勇な男アッキーマッキーは突進するのだが、なにしろこの日の天気予報は良くなかった。すぐにあきらめて下山。「ここで早く降りれば、午後はアヤメ平、富士見峠を抜けて樹林帯を下っているはずだ。そうすれば、少なくともずぶ濡れにはなるまい。」何しろ今年は2度カメラを水没(つい最近もやっちゃいました)させたので、あまり無茶はしたくない。

鳩待峠口まで降りると、神主さんがこちらを向いて祈っている。そうだ、この日は至仏山の山開きだったんだ!何だか僕のお祓いをしてもらっているような気分。紙吹雪が散った所で1枚。「こりゃあ、幸先いいなぁ。」
b0167256_135133.jpg


<サンカヨウ>
今年はまだ見ていない大好きなサンカヨウ。すでに終わりかけだったが、何とか残っていてくれた。良かった。今年もまた逢えたね。
b0167256_6105913.jpg


そして、逢いたかったランはオノエラン。周辺も見たが、木道の近くでは蕾ばかり。でも、今年も元気な姿を見れて良かった。今週末が見頃かな?
b0167256_133079.jpg


<本命のスミレ>
今回の最大のテーマは、チシマウスバスミレ。このスミレが尾瀬に咲くのを知ったのは昨年尾瀬から帰ってきてから。どうしてもみたくてたまらなかった。標高の少し高めの所に数輪だけ咲いていた。まだ咲き始めなので、花も小さめ。
b0167256_13214.jpg


先月、ウスバスミレをレポしたが、よく観察すると、色々な違いがある。まずは、花弁。唇弁が小さい。次に花柱。こちらは花柱の先端が膨らんでカマキリ頭状だ。そして、葉っぱ。鋸歯は重ならず、毛が目立つ。写真でわかるよね?標高が上がると、花はまだ咲いてなかった。これも今週末が見頃?
b0167256_132459.jpg


そして、オオバキスミレとミヤマキスミレ。
スケルトンの円で囲った部分、葉柄の付け根が3つにキレイに分岐しているのはミヤマスミレと呼ばれる。
b0167256_133264.jpg


そして、もうひとつ気になっていたのが、ナエバキスミレ。一昨年だったか、葉っぱがめっちゃ薄っぺらくて葉っぱの周囲が赤色の株を見つけた。昨年は見なかったが、ナント、今年はそれがまたあった。一体これは何だろう?誰かコメント、宜しくお願いします。
b0167256_134596.jpg

b0167256_134860.jpg


<至仏山、アヤメ平周辺で出逢ったその他のお花>
ひとつひとつ紹介もしたいが、枚数制限のためまとめてごめん。
シラネアオイもまだ頑張ってた。イワナシもこの時期にまた見れるのは嬉しい。クモイコザクラもトカゲ岩の辺りに群生。ムラサキヤシオはアヤメ平近くの樹林帯だった。
b0167256_133588.jpg


こちらは、湿原でいっぱい咲いてたタテヤマリンドウ。いつもの場所で群生していたアカフタチツボスミレ。そして、富士見峠付近のハクサンチドリ。うーん、もう満腹状態。「ごっつぁんです!」
b0167256_133887.jpg


<エピローグ>
ああ、急いで下山したおかげで、昼には樹林帯に入ることができた。樹林帯でも色々ワクワクのお花を見れた。それは、次回のお楽しみ。

あ、その前にクイズ。さぁ、これ、なぁんだ?
b0167256_111978.jpg

by bjynp | 2012-07-06 06:29 | スミレ野 | Comments(6)
Commented by deepseasons at 2012-07-06 22:48
こんばんは~。
ノウゴウイチゴの葉っぱについた水滴もキレイです。 それにしても野に咲く
花色、どれも美しいですね。
最後の一枚、蕨か何かの折れ口ですか?!?
Commented by bjynp at 2012-07-07 07:25
deepseasonsさん、おはようございます♪
朝一番にハイクすると、いろいろなご褒美があります。早起きは三文の得とはよく言ったものです。
亜高山の花は普段見慣れないものなので、よりいとおしく感じますね。

最後の1枚、毎年こういうのをあちこちで見かけます。人為的なものではないようです。
アッキーマッキー
Commented by kwc_photo at 2012-07-07 16:43
ノウゴウイチゴの葉っぱの水滴に釘付けでした~。
私、これだけでご飯一杯食べられそうです(笑)
マクロで撮りたい!と思いました(^-^)。
しかし、山はすごくたくさん、色とりどりの花がさくのですね~。
可愛らしい花の数々、やっぱり山行きはやめられない!ですね。

最後のはゼンマイ?ワラビ?
フォルムがかわいらしいですね。
Commented by vol at 2012-07-07 18:52 x
雨にも負けず たくさんのであいがあったんですね。
チシマウスバスミレにもあえて ばんざ~い!!
ナエバキスミレ これほど縁取りが濃くはなかったと思いますが 別の場所で昨年見た中には 縁取りがついているのがありましたよ。薄さはどうだったかよくわかりませんm(__)m
大群生していないのに多かったような・・・?
お払いに便乗できたのも なかなか経験できない出来事で いい記念ですね~。
先がまくれてるの あれはなんなんだろうといつも不思議でした。次回で解明ですか わ~い^^
Commented by bjynp at 2012-07-08 00:11
katsuさん、こんばんわ♪
ノウゴウイチゴの葉っぱ…
  >>朝一番のご褒美ですね。
マクロで撮りたいと思いました・・・
  >>ぜひぜひ
やっぱり山行きはやめられない!ですね
  >>はい。まったく、その通りですへへ。
アッキーマッキー
Commented by bjynp at 2012-07-08 00:20
volさん、こんばんわ♪
雨にも負けず・・・ 
  >>いやあ、実際ひやひやものでした。富士見峠手前の尾根沿いは凄い風で、どうなることかと思いましたが、本格的な雨は山小屋に着いてからで、ホッとしました。
チシマウスバスミレ・・・
  >>ありがとうございます。尾瀬にも咲いてたんですね。今まで全然気づきませんでした。思い込みはいけないと反省。
ナエバキスミレ・・・
  >>ともかく葉っぱが薄いです。なんでしょうね。
お祓い…
  >>ビデオで撮れば良かった。
先がまくれてるの・・・
  >>正直に言います。誰か教えて!
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧