今年最後のスミレ散策 赤坂山

<そこは、やっぱり雪国だった>
今年は、もっと広範囲ですみれの返り咲きを探しにいこうと思ったのが11月中旬、ちょっと遅いかも?とは思ったものの、気にかかったときは行ってみないと悔いが残る。車を飛ばして、赤坂山に。

その山の頂はすでに白いものが混じり、季節の移り変わっていくのを知らせていた。
b0167256_785964.jpg


これではスミレは咲いてないだろうとは思ったものの、「もしかしたら」の思いで、赤坂山を少し登ってみることに。
落葉した紅葉は、葉柄の先まで真っ赤に染まっていた。
b0167256_7997.jpg


Moreボタンを押してごゆっくり。
注:
1.画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2.撮影日は、2012年12月2日
3.撮影カメラは、Eos60D、EOS5DMARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4.場所は、赤坂山。
5.野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。



<タチツボスミレ>
タチツボスミレの葉っぱ、これはかなりいっちゃってる。
b0167256_791969.jpg


山を登っていくと、タチツボの葉っぱの基部の切れ込みがほとんどない株が多く見つかった。今まで、ここでタチツボをじっくり観察したことがなかった。来年はちょっと気をつけてみよう。
b0167256_792339.jpg


<シハイスミレとマキノスミレ>
シハイも多くの株がへたってしまっており、葉っぱの裏側は緑色になっていた。そうなっていないこの株も葉っぱの裏側の紫色はかなり薄くなっていた。
b0167256_793467.jpg


葉っぱの形から、こちらはマキノスミレと思われる。ここでは、麓でマキノ、少し標高が上がるとシハイがみれる。だが、双方が混在している場所もあり、そこでの同定は困難なこともある。
b0167256_794088.jpg


<黄葉を愉しむ>
こちらは、樫の仲間だろうか?透過光が美しい。
b0167256_794947.jpg


こちらも莟の奥の黄葉がいい感じ。
b0167256_795231.jpg


<オオバキスミレ、スミレサイシン>
赤坂山の裏には雪がところどころにつもっていた。
b0167256_710794.jpg


そんな場所に、まだ生きながらえていたオオバキスミレ。
b0167256_79452.jpg


がんばれよ、春はもう少し。・・・まだあるか?
b0167256_795678.jpg


そして、スミレサイシンも。
b0167256_710354.jpg


<唯一のお花>
b0167256_7101285.jpg


<赤坂山からの眺望>
とてもいい眺望の場所があった。ここから琵琶湖までを眺望できる。
b0167256_7101473.jpg


望遠レンズでズームすると、メタセコイアの並木が続いていた。この近くには、次彦さんのアトリエがある。
b0167256_7101797.jpg


<エピローグ>
これで今年のスミレ散策もおしまい。しばらくは、冬ごもり。鳥と星空の撮影、スミレ等花の写真の整理をしようかな?
by bjynp | 2012-12-21 07:28 | スミレ野 | Comments(12)
Commented by kwc_photo at 2012-12-21 09:27
やはり山の秋はドラマがありますね~。
冬をこれから耐え忍ぶスミレの姿の写真にも、アッキーマッキーさんの「愛」が感じられますね。

紅葉だけじゃなく、黄色やメタセコイアのオレンジ。
やっぱり山はいいなぁ。雪景色もこれから本格化ですね。
Commented by NYANです at 2012-12-21 21:26 x
この時期に、よく出かけられましたねぇ。
葉の形状イメージが花期は異なるものもあって、あれ?と思うこともあるようです。

意外に思うのは、春からずっと存在した葉が少ない点です。
つまり若い葉が多いのですね。
草丈も低くて、初夏に発芽した新しい個体に世代が替わっていると思われる個体も相当あります。
来春のために、地下に養分を蓄えるためだけに約半年を過ごしたのでしょう。
お疲れ様でした!と言ってあげたいですね。(´ー`)
Commented by bjynp at 2012-12-22 10:32
katsuさん、おはようございます♪

晩秋の山にも色んなドラマがありますね。花はさいてないとはおもうものの、葉っぱ??の形や色の観察につい夢中になっちゃいました。

そちらのサイトにも後ほど伺いますね。

アッキーマッキー
Commented by bjynp at 2012-12-22 10:38
NYANさん、おはようございます♪

なるほど、新鮮な葉っぱは春からではなく、夏に出てきた葉っぱなんですね。ホント、お疲れ様でした、ですね。

先週、名古屋のマンションのすぐ近くでスミレの株を見つけ、できたばかりの種子を見つけました。1週間早かったら、花を見れただろうとくやまれました。これもまた来年のお楽しみ!

アッキーマッキー
Commented by happy__bear at 2012-12-22 23:37
こんばんは。
高島の近くでしょうか?里山の風景がとってもいいですね。
彦根や近江八幡等、琵琶湖の東側?には行ったのですが、
メタセコイアの並木の方面には、何故かまだ一度も行ってません。
来年は是非いってみたいものです。
スミレもこれから寒い冬に耐えて、綺麗な花を咲かせる準備をしているのでしょうね。
Commented by deepseasons at 2012-12-23 00:46
こんばんは~
アッキーマッキーさんから頂いたコメント「落葉したモミジもそろそろ土に
帰る時がきたようで、お疲れ様でした」をそっくりそのままお返ししたい
内容ですね。
落葉もやがて朽ち果てて、森を営んでいくのですね~
Commented by bjynp at 2012-12-23 21:22
happy bearさん、こんばんわ♬
はい、高島からもう少し北のマキノです。なつかしい風景です。
湖西地方も風情があってよいですよ。ぜひ来年お出かけください。
スミレの根っこは、春に備えてじっと寒さに耐えているんでしょうね。
アッキーマッキー
Commented by bjynp at 2012-12-23 21:24
deepseasonsさん、こんばんわ♬
はい、落葉した葉っぱが土に帰るときがやってきたようです。まさしく、もうして豊かな森が形成されていくんでしょうね。
明日は寒さが増してホワイトクリスマスになりそうですね。よいクリスマスをお迎えください。
アッキーマッキー
Commented by 是夢 at 2012-12-24 14:02 x
こんにちは。3枚目の写真はタチツボスミレですか?
ツルタチツボスミレの可能性が頭を過りませんでしたか。
この一枚では同定できませんが、その可能性を否定できないようにも思えるのですが。
検討してください。
Commented by bjynp at 2012-12-24 23:35
是夢さん、こんばんわ♪
ありがとうございます。経験不足です。ツルタチツボは頭にありませんでしたが、実はテリハは気になってました。が、まったく照りがないため、テリハではないとは解釈してました。いがりさんの「日本のスミレ」では、正式名ではない、と理をつけて、山陰型タチツボスミレの記載がありました(浜栄助さんの「原色日本のスミレ」には記載なし)。これをみると、分布する標高の点以外は、ツルタチツボとよく似ていますね。ということは、標高が低くてもツルタチツボも生息している可能性があるのでしょうか?
もしかしたら、もうひとつのタチツボも分布している可能性もありますね。来春、花も含め、赤坂山を再調査してみたいと思います。ありがとうございました。
アッキーマッキー
Commented by 是夢 at 2012-12-25 11:32 x
おはようございます。
自生地の環境は気にし過ぎる必要はありません。
「あるからある」と割り切ってください。
山陰型タチツボスミレは4枚目の写真が可能性を示していますね。宿題として、来春を楽しみましょうよ。
7枚目、8枚目はクスノキ科クロモジ属クロモジではと思います。
冬芽を見るとブナ科でないことが分かります。
葉芽の作りがブナ科とは異なり、クロモジ属のそれに見えます。
また、葉芽を脇につく花芽がそれを補足しています。
調べてください。
Commented by bjynp at 2012-12-26 07:39
是夢さん、おはようございます♪
そうなんですね。山陰型とツルタチツボは、地下部をみれば良さそうですね。もしかしたら、テリハもこの近所にあるかもしれませんね。来年が楽しみになってきました。
樹木類はわからず、ごめんなさい。クロモジは葉芽の脇に花芽がつくんですね。ありがとうございました。7枚目はクロモジよりも葉っぱが小さいように感じましたが、うーん、よくわかりません。来年、また。
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧