見つけた! ダイミョウジン!!・・・????

スミレいっぱいの草原>
ここは、スミレがいっぱい咲く草原。まだ少し早かったか、今年は少し少なめ。
でも、かわいらしいスミレが入り口で迎えてくれた。
b0167256_22484164.jpg


池からの登り口には、ミヤコアオイだろうか?カンアオイの仲間が迎えてくれた。
b0167256_22484555.jpg


注)
1撮影日は、4月13日。
2.撮影カメラは、EOS60D、Eos5D MarkII。レンズはCanon EF100mm マクロf2.8、 Sigamaマクロ50mm f2.8。
3.場所は、駿河の国。
4.野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。



コタチツボスミレ?
長年、小型のタチツボスミレには悩まされてきた。
コタチツボスミレには佐賀県以南に咲いているものだけを指すものと思い込んでいた。というのは、いがりさんの「日本のスミレ」には、そのように記載されていたからだ。ところが、浜栄助さんの「原色日本のスミレ」には、『西日本に多く分布する・・・(中略)・・・静岡県水窪町付近から西、南西諸島の徳之島までをその分布圏と見る人が多い』と記載されている。また、『タチツボスミレとの小型品との違いを区別する決定的な要素がないので、その同定および分布は研究者によってまちまちである』とも記載されている。
ともかく、小型のタチツボスミレを安易にコタチツボスミレとの名称は使用しないようにしてきた。ところが、ここの苔の上やその付近の日影に咲いていた数十株のタチツボスミレはいずれも非常に小型で、タチツボスミレの小型品と考えるより、別ものとしてよいのではないかと思われた。
b0167256_22484838.jpg


どのくらい小さいかというと、このくらい。花は10mm強程度、葉っぱは5-10mm程度だ。付近の株はどれも同様の性質を有しており、離れた場所に咲くタチツボスミレとは明らかに異なっていたため、これは別の種と考えても良いのではないか?と感じたのだ。
では、コタチツボスミレの分布は本当に西日本のみか?との疑問が出てきて、Flora of Japanをひいてみた。すると、分布に関しては、『日本海側では秋田県より南方、太平洋側では関東南部より西方』とある。うーん、ということは、分布はあまり意識しなくて良いのだろうか?
ちなみに、特性は、『植物の背丈は5-10cm、葉柄は平伏し、通常分枝している。葉は広がりのある三角形で、1-2cm、葉の基部は浅い心形に切れ込み、鋸歯が目立つ。夏期には葉は2.5cmにまで伸びる。花期は、3月下旬から5月下旬、花の広さは約1.5cm』と記載されており(訳が正しければ)、ほぼ当てはまる。
ということで、今回、この地で群生していたタチツボスミレ、コタチツボスミレとしても良いのではないかと思ったが、いかがでしょう?
b0167256_22485197.jpg


ワカシュウスミレ
スミレは側弁基部に毛が生えているが、毛のまったく生えてないスミレを見つけた。ワカシュウスミレだ。ここにはスミレがいっぱい咲くので、なかには変わったマンジュリカも多い。
b0167256_22495587.jpg



ヤマナカスミレ(正式名ではありません)>
以前に僕が勝手に名付けたスミレ。10年ほど前から観察しているが、この性質はまったく消えていない。この性質とは、すなわち、花弁の基部は紫色だが、基部以外は色が非常に薄いのだ。毎年、種がしっかり結実しているのも確認しており、交雑種ではなさそうだ。ここの地域固有種なのではないかと考えている。
b0167256_2249332.jpg


中には、ミョウジン型のヤマナカスミレもある。
b0167256_22494386.jpg


も少しアップで。
b0167256_22495111.jpg


ミョウジンスミレ
もちろん、ここにはミョウジンスミレもいっぱい咲いており、とても楽しい。
b0167256_22501394.jpg


出たー!ついに、ダイミョウジン!!???
ここのスミレは、どれもぽつん、ぽつんと1株づつ咲いており、群生しているのを見た記憶がない。ところが、前述のヤマナカスミレを撮影していた時に、視界の隅に濃い紫色が固まっているのが見えた。
b0167256_22502770.jpg


「まさか?スミレじゃないだろ?」経験的にそう思ったが、近寄って見ると、ナント、ミョウジンスミレが固まってコロニーを形成していた。「すごーい!」ということで、勝手にダイミョウジン!と呼んでしまった。
もちろん、正式名はミョウジンスミレであることは言うまでもない。
b0167256_22503299.jpg


<エピローグ>
「ダイミョウジン=大明神」様に逢えたんで、今日はついてる!と思い、ここ数年この近くで見かけなくなったあの花を探しに行くことに。遠くからミョウジンをフォトジェニックに撮影した後、夕暮れも迫ってきたので、そのスミレを探しに車を飛ばした。そのスミレとは何か? ・・・ それは次回のお楽しみ。
<本日は、外出するので、予約投稿>
b0167256_2251944.jpg

by bjynp | 2013-04-20 17:00 | スミレ野 | Comments(6)
Commented by kwc_photo at 2013-04-20 17:06
小さなスミレたち、満開ですね。
本当にいろいろあるんだなぁと毎回感心しちゃいます。
みょうじんすみれ、は明神スミレ、なんでしょうか。
たくさんのミョウジンスミレで大明神!お見事です(^-^)。
Commented by はなねこ at 2013-04-21 16:19 x
コタチツボスミレはホントに小さいのですね。
スミレと思えない大きさです。もちろん出会ったことはありません。
ヤマナカスミレも気になります。
私だったら、「あら 色がさめちゃったのね」でおわりにしそうですが
ずっと観察をつづけられるあたりが、やはり違いますね (^^)
大明神様もすごいですね。
Commented by bjynp at 2013-04-21 21:41
katsuさん、こんばんわ♪
昨日、今日と外出しており、返事が遅くなってごめんなさい(^^;;
そうなんです。最初に発見されたのが、箱根の明神ケ岳なので、そう命名されました。ただ、群生地を探すと、結構どこにであります。
この日は、ホント、大明神様に思えました(*^_^*)
アッキーマッキー
Commented by bjynp at 2013-04-21 21:47
はなねこさん、こんばんわ♪
コタチツボスミレは、いまだに自信がありません。元々、色んな解釈がされており、本当は、タチツボにまとめた方が良いかもしれません(^^;;
ヤマナカスミレ、ハナネコさんなら、絶対気づきますよ(*^^*)
ミョウジンスミレ、あんな見事な群落を見たのは、初めてで、まさに大明神様でした\(^o^)/
アッキーマッキー
Commented by やえやますみれ at 2013-04-26 16:06 x
俗称ヤマナカスミレは二色咲きなんですね
見たことないタイプです。絞りが入るやつはみたこと有るけど・
Commented by bjynp at 2013-04-26 20:54
やえやますみれさん、こんばんわ♪
俗称ヤマナカスミレ、面白いでしょ?
いつかこの形質、消えるんじゃないかと思ったんですが、いっこうに消えません。もう確立した形質のようです。
絞りの入ったマンジュリカってどんな花なんでしょう?興味ありますね。
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧