ここ数年その地で見かけなくなったスミレ探し

間に合うか?日没前の富士山
ヤマナカスミレ(正式名にあらず)とミョウジンスミレを堪能したらすっかり夕方になってしまい、ここから数カ所を汗だくになって走りまわって撮影したのは、これ、夕焼けの富士山の撮影のためだった。寒風の吹く峠の夕暮れ、汗が冷えてきて寒さが凍みるが、ガマンガマン!

富士山と愛鷹山山系を前景に太陽が沈む。そこになんとまあ、タイミングよく飛行機が通過してくれた。これもやはり"大明神さま"(前回の記事参照)のおかげだろう。さて、帰るか!と、あ、そうそう、その前に、肝心の、あのスミレをレポしないとね!
b0167256_18104643.jpg

<<本日、予約投稿>>
注)
1撮影日は、4月13日。
2.撮影カメラは、EOS60D、Eos5D MarkII。レンズはCanon EF100mm マクロf2.8、 Sigamaマクロ50mm f2.8、Canon fisheye 15mm f2.8。
3.場所は、駿河の国。
4.野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。




日本海側のスミレ
ここにナガハシスミレが咲いているのを見たのはもう何年前だろう?最後に見たのは4年ほど前だった。その後、ぴったり見かけなくなってしまった。「もう、ここのナガハシは絶滅したんだろうか?」そう思いつつ、「いやいや、今日は大明神様にお会いできたんで、絶対見つかる!」そう強く信じ込んで、そのエリアにやってきた。ナガハシスミレを見かけていたのは、駐車場からずっと先まで山中を下って谷からの涼しい(日によっては寒い)風が吹いている場所だ。
ところが、この日は歩き始めてすぐに道の脇で「あれ!・・・?」こんな所でナガハシを見たことはなく、見かけるスミレは全てタチツボだった。
b0167256_18105139.jpg


でも、この長い距、花の小ささ、独特の紫状紋、目の前のスミレは疑いようもなく、ナガハシスミレだった。
b0167256_18105374.jpg


シロバナナガハシスミレ
おまけに、シロバナの蕾まであるではないか!
b0167256_18105890.jpg


正面から蕾をぱちり。「うーん、これは探したら、シロバナが咲いてるかも!」と、辺りを探すと、
b0167256_1811266.jpg


「こっちにもあった!」「あれ?・・・・もしかして咲いてる?」
b0167256_1811533.jpg


「あ、咲いてた!」ナント、ほんのり紫がかっているが、シロバナと言っても良いだろう、シロバナナガハシスミレを初めて観察できた。
b0167256_1811793.jpg


シコクスミレ
このエリアの近くの、もう少し標高の高い場所では、シコクスミレは例年GWあるいはそれ以降によく見かけていたのだが、今年は早咲きの場所が多く、ナント、シコクスミレがもう見られた。この葉っぱがまたチャーミング。
b0167256_18113568.jpg


もちろん、お花もチャーミング。
b0167256_18113879.jpg


マルバスミレ
さらに下ってみると、「なんだろう?このスミレの大群生は」
b0167256_18112887.jpg


近寄ってみると、マルバスミレだった。
b0167256_18113182.jpg


真っ暗大好きスミレはまだ早い?
この地でナガハシスミレを数年ぶりに見れたことにさらに気を良くし、また別の場所に向かう。
例年ならGW以降じゃないと見れない、真っ暗大好きな、コミヤマスミレを求め、数百メートルの山道を一気に駆け下りた。ところが!「あれ?全然暗くない。」従来と全然イメージが違う。「伐採したのだろうか?それとも、まだ早いので、木の葉っぱも生い茂らず、西日をまともに受けてしまうからだろうか?」1キロ周辺を探したが、見つからない。

ちょいと変わったナガバノスミレサイシン
いずれにせよ、時期が早すぎることは間違いなく、日没も刻一刻と迫っていたことから、あきらめて車に戻ることにした。その前に付近のスミレを撮影することに。そこでは、シコクスミレ、エイザンスミレのほか、この周辺一帯で見られる、ちょいと変わった顔つきのナガバノスミレサイシンが咲いているのだ。
b0167256_18114269.jpg


アップで見てみよう!まずは、花弁が小さくて細面、唇弁のみならず側弁や上弁にもくっきりとした紫状紋が入っている。葉っぱも細めで普通のナガバノスミレサイシンに比べて明らかに葉長が短い。花柱が長目なのも特徴かも。
b0167256_18192871.jpg


ヤマルリソウ
ヤマルリソウは通常、淡い青紫色のものが多いが、時々、ピンク、白い花弁の中央にピンク色の差したものもある。撮影し始めると、時間のことなどすぐに忘れる悪い癖。
b0167256_18193391.jpg


夕陽を浴びて美しく輝くタチツボスミレ
坂の手前では、ホラ、夕陽を浴びてこんなにきれいに輝くタチツボスミレが。腕が悪くて感動を伝えられないのが残念!
b0167256_18115453.jpg


ここで大変なことを思い出した。「そうだ!日没前に富士山を写さないと!」数百メートルの坂を一気に駆け上がる。この年での駆け上がりは相当しんどい。へたりそうになりながらもなんとか日没前に撮影場所にたどり着き、富士山・愛鷹山と夕陽と飛行機のコラボショット(最初の1枚)を無事、撮影できた。
ナガハシスミレもシコクスミレもこのきれいな夕景に出逢えたのも、全て、大明神様のおかげに違いなかった。
大明神様に感謝しっぱなしの1日だった。
次回は、何のレポにしようかな?お楽しみに!
by bjynp | 2013-04-24 19:30 | スミレ野 | Comments(4)
Commented by kwc_photo at 2013-04-25 23:15
たおやかな稜線の富士山。
夕景が本当によく似合います。
すみれに夢中で、夕焼けを忘れていたのですね(^-^)。
ちゃんと間に合ってよかった~。
Commented by bjynp at 2013-04-25 23:52
katsuさん、こんばんわ♪
「たおやかな」・・・・katsuさん、なんて美しい日本語をご存知なんでしょう!
そうそう、すっかり時間のすぎるのも忘れ、お花の撮影をしてたんですが、坂道の手前のスミレが夕陽に輝いているのを見てはっと気づいた次第です。富士山の夕景はやっぱりいいなぁ♬
アッキーマッキー
Commented by やえやますみれ at 2013-04-26 16:08 x
日本海側でもないのにナガハシがあるとは。そういや、私は四国でオオタチを見ています。四国、和歌山にナガハシが有るそうです(間違いないらしい)積雪量が多いと飛び地で分布するようです
Commented by bjynp at 2013-04-26 21:00
やえやますみれさん、こんばんわ♪
ね、珍しいでしょ。え、四国や和歌山にもあるんですか?東北にあるのは知ってたんですが、そんな南方にもあるんですね。
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧