怒濤のGWVシリーズ その參 三ツ峠山スミレ観察会(1) sanpo

日本晴れの富士山
この日はGW真っ最中。早朝から東名も混んでいたが、8時半過ぎには現地にたどり着けた。まずは、見晴らしの良い場所で富士山を撮影した。
b0167256_801578.jpg


この日は、三ツ峠ネットワークのスミレ観察会。皆さんが到着する前に、下見をすること。
そして、河口湖駅に向かうもまた渋滞。僕が最後かと思ったら、東京の中央線で人身事故があり、多くの参加者が遅れて到着。とりあえず、みんなそろってホッとした。
数年前に作成したスミレ見分け図鑑簡略版とバインダー、記録用紙を渡して現地に。
まずは麓。もう遅いかと思ったが、イブキスミレはなんとか1株は間に合った。閉鎖花をつけた株も(写真略)。ここのヒナスミレは全て終了していた。移動してみんなでゲンジ探し。みんな真剣です。
b0167256_801980.jpg

注)
1撮影日は、5月4日。
2.撮影カメラは、EOS60D、Eos5D MarkII。レンズはCanon EF100mm マクロf2.8、 Sigamaマクロ50mm f2.8、Canon fisheye 15mm f2.8。
3.場所は、三ツ峠山。
4.野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。



ミドリタチツボスミレ
ゲンジはあちこちで探し、ようやく数株の花が。でも、昨年、いっぱい見れた反対側の斜面でもほとんど見れなかった。何がいけなかったんだろう?
昨年の観察会は父の命日に重なり、Yさんにインストラクターをお願いしてしまったが、その折に咲いていたミドリタチツボスミレ。同じ場所に咲いていたらしい。こういう花を見つけるのは、目の数が多いに限る。
b0167256_802351.jpg


そして、あちこちで咲いていたアカネスミレ。花数が多いのが嬉しい。
b0167256_802674.jpg


<え、もう?シロバナエゾノタチツボスミレ
例年、GW明けから見ていたが、こんなに早い開花は初めてだ。三ツ峠山の今年の春は遅いと感じていたが、初夏も一気に押し寄せてきているようだ。
b0167256_825447.jpg


ゲンジスミレ
昨年までいっぱい見られた場所であまりみれなかったので、とっっておきの場所に皆さんを案内した。実はそこは昨年エゾアオイを探し、ゲンジの葉っぱも確認していたのだ。ただ、葉っぱも花も大きくはない。ゲンジの棲みやすい環境になってからの年数が少ないからだろう。今でもよく覚えているが、最初この山で見たゲンジは、花も葉っぱもそれは見事な株ばかりで、葉っぱからも花からもまさにゲンジの高貴さが感じられたが、最近は小さなゲンジばかりで、ちょっと物足りない。
b0167256_804464.jpg


ゲンジは唇弁が大きくなく、全体として丸みを帯びた花が美人さんだ(全くの僕の好み)。2輪あってもついつい美人さんの花にピントが合っちゃう。
b0167256_80491.jpg


ちょっと色の濃いアケボノスミレ
この日もアケボノはちらほら見かけたが、この花はすごく色が濃かった。ベニバナアケボノスミレがあるらしいが、まだ見たことがない。いつの日かお目にかかりたいものだ。
b0167256_805646.jpg


ヒゴスミレ、ヒラツカスミレ
僕自身、ヒラツカスミレとエイザンスミレはきっちり区別できていない。でも、これなんかは葉っぱも細め、花弁の縁もぴしっとしており、ヒゴの性質も受け継いでいると考えられ、ヒラツカと考えてよいと思われた。
b0167256_81079.jpg


b0167256_81482.jpg


ゲンジの場所で僕がSさんに、「あそこにもゲンジがありますよ」と上の方の白い花を指差してまた別の場所に移動した。僕は遠くから見てゲンジと思ったのだが、Sさんが見に行くとナント、ヒゴだった。
b0167256_811065.jpg


今年、自然の中でヒゴを見れたのは初めてで嬉しかった。ヒゴは別の場所でも咲いていた。
b0167256_811959.jpg


交雑種?
「あれ?ヒナって側弁基部の毛がなかったっけ?」
こんな時は数年前に作成したすみれ図鑑簡略版が役に立つ!やっぱり、ある。じゃあ、これは交雑種?でも、何と・・・・?現場で結論が出ず、山荘に着いてから回答することに。
b0167256_812295.jpg


横からの写真。ヒナ以外の性質は無毛をのぞいては思いつかない。結局、山荘に着いてから調べてみると、毛のないヒナもあることがわかった。交雑種ではなかった。どうも交雑妄想症候群に見舞われているようだ。
b0167256_81257.jpg


<エピローグ>
まだまだすみれ観察会は続くが、今日のところはここまで。
実は、山梨県で見れるスミレの図鑑のe-Publicationを昨年から企画しているのだが、いまだに実現していない。手の空く冬場にやらないといけないのだが、冬場はついつい休日も溜まった仕事をしてしまい、なかなか手がつけられない。この調子だと、定年までは無理かなぁ。
次回は、三ツ峠山山頂近辺のお花をお届けする。今年はもう逢えないとおもっていた、あのすみれに、ナント、出逢えることができた。その花がなにだったかは次回のお楽しみ。
by bjynp | 2013-05-15 23:05 | スミレ野 | Comments(4)
Commented by kwc_photo at 2013-05-16 00:16
スミレたちも素敵ですが、やっぱり私は富士山です~!
青い空に、たおやかな稜線。
やっぱり富士は日本一の山、ですね。
文化遺産登録とのことですが、名に恥じぬよう、ゴミ問題などを
解決していって欲しいです。

今回のスミレでは、花が多かったアカネスミレの写真が可愛らしかったです(^-^)。
Commented by bjynp at 2013-05-16 07:27
katsuさん、おはようございます♪
katsuさんにはやっぱり富士山ですね。澄んだ空気にたちそびえる霊峰富士は美しいですね。
僕も三島にいた頃は富士山山麓のゴミ集めに参加しましたが、ものすごいゴミですよ。富士山に来る人のマナー、悪すぎです。ホント、その辺りの啓蒙活動もしっかり行っていく必要がありますね。
Katsuさんのために(?)、次回も富士山の写真を数点掲載しますので、お楽しみに。
アッキーマッキー
Commented by はなねこ at 2013-05-16 07:42 x
アッキーマッキーさん おはようございます。
今回もたくさんのスミレでしたね。それも新鮮なものばかり。
そうそう、探し物をするときは大勢でね。
ミドリタチツボは、私が見たのとほとんど同じような顔でしたね。
ゲンジの好みはなんと一緒です。(笑)
アッキーさんのスミレ見分け図鑑簡略版、私にもください (^^)
Commented by bjynp at 2013-05-16 21:41
はなねこさん、こんばんわ♪
はい、いっぱい見れましたよ。山頂近くでもまた別のすみれさん達に出逢えました。
ミドリタチツボスミレは、はなねこさん達がみられたのと多分、同じでしょうね。この日は18個のお目目(翌日は22個)で探していたので、まずみのがしてないと思います笑)。
ゲンジの好み、気が合いますね。それとも、美人さんは世界共通でしょうか?いやいや、タデ食う虫も好き好きと申しますから。
図鑑、ここでは回答できないので、別途、メールしますね。
アッキーマッキー


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧