2014年 逢えて嬉しかったすみれ

明けましておめでとうございます

b0167256_17353393.jpg
<前置き>
昨年までは、ベスト10シリーズでお送りしていたが、今年は順位はつけず、逢えて嬉しかったすみれをランダムに紹介することにした。

何と言っても、タチツボスミレでしょ!?
今年はタチツボスミレを極めたいと思っていた。
中でも、テリハタチツボスミレは昨年、あてずっぽで立ち寄った日本海側の山でも少し内陸側のツルタチツボスミレの産地の周辺でも見つけられず、今年こそ!と思っていた。やっぱり事前調査は重要だ。今回、事前調査で山は特定はできていたのだったが、GoogleMapとAppleのMapではそれぞれ別の登山道を案内してくれたおかげで、これまた多彩な日本海側のすみれを見ることができて嬉しかった。
というわけで、まずはテリハタチツボスミレ。葉っぱの基部が切れ型で、葉っぱに照りがあり、分厚いのが大きな特徴だ。
b0167256_21564316.jpg
表の登山道のテリハタチツボスミレは、花弁の色が紫がかっており、葉っぱが赤紫色の株もけっこうあったが、裏の登山道のテリハタチツボスミレは、花弁が白色で、葉っぱは緑色が多かった。
b0167256_08195287.jpg
中には、こんなのもあった。基本的に、ナガハシスミレだが、葉っぱに少し厚みがあり、照りがある。アワガタケスミレに似ている。やっぱり、これも本場で本物を確認しないといけない。
b0167256_08244288.jpg




毎年出かけていた山で、休憩した場所で偶然見つけツルタチツボスミレ。予期していなかった出会いに感激♬
ツルタチツボスミレの最も大きな特徴は、地下茎で株同士が繋がっていることだが、距の先端が細く、白いのも特徴だ。
昨年別の地域で見ていたので、今回見た時に「あれ?」と気づいた次第だ。
ツルタチツボスミレとテリハタチツボスミレは、いずれも日本海側に近い山で自生している。テリハタチツボスミレの見つかる山の標高の高い場所でツルタチツボスミレの見つかることも多いらしいが、この山でテリハタチツボスミレは見たことがないし、目撃情報もないようだ。

b0167256_22120530.jpg
ケイリュウタチツボスミレは、今年はいろんな場所(全て東海地方)で出逢えたが、やっぱり本場で見るのが大切だ。
ケイリュウタチツボスミレの発見された場所で撮影。葉っぱの基部は切れ型で、下の方は山陰型タチツボスミレに似て小型だが、より流線型の形が多い。上方になると菱形のような形で長細い葉っぱが多くなるようだ。
b0167256_23133622.jpg
雨の花散策の大好きな友人に案内していただいた森の中もなかなか興味深いスミレの生息地だったが、帰りに立ち寄った海岸ではツヤスミレが雨なのか潮飛沫なのかわからないが、濡れていた。ツヤスミレの特徴は、葉っぱ。花ではタチツボスミレと区別がつかない。海岸性の植物に共通する葉っぱの厚さと照りもある。シチトウスミレに比べて、葉っぱが小さい。
b0167256_23163564.jpg
中○○はスミレの宝庫だった
以前から一度参加したいと思っていた、いがりさんのすみれ観察会。昨年はようやく参加することができた。予想以上にいろんなスミレが咲いていてびっくりだった。
まずは、アカバナのエイザンスミレ。これほど鮮やかなのは、自然では初めて見た。
b0167256_23234917.jpg
僕が今まで見てきたサクラタチツボスミレ(正式名ではありませんので、ご注意ください)はもっと色の濃いものだったが、ここのサクラタチツボスミレは、色が薄く、透明感のある別物だった。可憐だ!
b0167256_23254908.jpg
シロバナのアケボノスミレも初めてだった。普通のあけぼのスミレと並べて撮影した1枚。
b0167256_23285414.jpg
側弁基部に毛のないエイザンスミレ???
実は、以前、この地で変なヒカゲスミレを目撃していたので、その日はヒカゲとエイザンの交雑種であるスワスミレを探していたのだが、結局、目的のスワスミレは見つからず、「あれ?」っていうのが、これ。
b0167256_23352516.jpg
側弁基部にほとんど毛のないエイザンスミレだった。こんなの見たことがなかった。これも多様性の範疇か。
b0167256_23353038.jpg
フチゲオオバキスミレでは?と妄想していたスミレの正体は?
尾瀬に咲くオオバキスミレ、あるエリアでは、花茎が赤紫色を帯び、ほぼ垂直に立っており、もしかしたらフチゲちゃんかも?と妄想していた。今回、葉っぱの縁もしっかり撮影してきた。葉柄は有毛だったが、葉の縁の毛はまばら。残念ながら、フチゲではなく、オオバキスミレと納得した。でも、わずかな表現型の違いだ。
b0167256_23453507.jpg
ついでに、チシマウスバスミレ。花だけではウスバスミレと区別が難しいが、葉っぱの縁に毛が多い。
今年は今まで知らなかった場所でも咲いていることをある方の情報で知り、ラッキー♬
b0167256_23481901.jpg
ミツモリでなくとも美しいフモト!
ミツモリの美しさは言うまでもないが、ただのフモトスミレでも美しい株はけっこうある。
b0167256_23524380.jpg
数年前から、ここのエリアには色の濃いフモトのあることは知っていたが、今回も美しいフモトさんに出逢えた。
b0167256_23550516.jpg
え!こんな標高の低いところにハグロシハイが咲いてる!
僕が今まで見てきたハグロシハイスミレは平地で見たことがなかったが、ここの山では麓にもハグロシハイスミレが咲いていた。すごい!
b0167256_23594775.jpg
来年に向けて
来年は、何と言っても、アワガタケスミレでしょ?
できれば、タチスミレも見に行きたいなぁ。
交雑種もいっぱいみたいなぁ、スワスミレ、カワギシスミレ、フギレシハイ、ヤシュウ、コワシミズ、キリガミネ、アルガ、フギレミヤマ、・・・・ふー、きりがないなぁ。

タカネスミレは無理かな?
シレトコスミレは夢のまた夢なので、夢の中で見に行くことにしよう♬
ということで、こんばんは夢と妄想を楽しみながら、眠りにつき、新年の朝を迎えたい。皆様も、良い新年をお迎えください。
次回は、逢えて嬉しかった、すみれ以外のお花2014をお届けする予定。
by bjynp | 2015-01-01 17:41 | スミレ野 | Comments(4)
Commented by てばまる at 2014-12-31 15:45 x
今年のスミレたち見させて頂きました。
タチツボスミレもいろいろありますね。ケイリュウタチツボスミレは見たいタチツボ系のひとつですが、やはり本場が一番でしょうね。

毛の無いエイザンも初めて見ました。こういうのもあるのですね。シロスミレにも毛がないのもあるのを確認してますし、スミレの世界はほんとに多種多様で楽しいですよね。

来年ももっともっといろいろなスミレを見たいです財布と相談しながら(^-^;)

来年も宜しくお願いします。
Commented by bjynp at 2015-01-01 17:48
てばまるさん、明けましておめでとうございます。
色々見て頂き、ありがとうございました。スミレの多様性、おもしろいですね。交雑?多様性の範疇などとわいわいやるのも面白いですね。
今年はばったりもいいですが、計画的にお会いする機会もあれば嬉しいです。今年もよろしくお願いします。
アッキーマッキー
Commented by deepseasons at 2015-01-02 13:07
あけましておめでとうございます。
スミレの花にいつも心洗われます。
今年もよろしくお願いします。
Commented by bjynp at 2015-01-03 10:50
deepseasonsさん、明けましておめでとうございます♬
年末から実家に帰っており、昨晩の夜中に戻ってきました。
昨年途中からブログ更新も皆様のブログにも伺えておらず、大変失礼しました。
こちらもdeepseasonsさんの古都の様子にいつも心を洗われています。
今年もよろしくお願いします。


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧