<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

写真でお絵描き

<五月尽く>
今日で、5月もおしまい。だが、この土日は用事でまったくアウトドアできなかった。仕方がないので、今晩は今まで撮影した写真をPhotoshopでお絵描きをしてみた。

<煙立つ大涌谷>
まずは、この絵。面白いでしょ。エッジを強調すると、写真では見えなかった特徴が浮き彫りになる。
b0167256_2310021.jpg
煙立つ大涌谷 
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f9.0 Av., Exp.-0.67, ISO 100 CS3でフォトレタッチ

b0167256_23103089.jpg
煙立つ大涌谷-II 
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f18, Av., Exp., ISO 100 CS3でフォトレタッチ

<登山道のグリーン>
グリーンの写真は、絵になりやすい、と以前から思っていた。やっぱりそうだった。

b0167256_23164473.jpg
神山への登山道 
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f4.5 Av., Exp.-0.33, ISO 800 PS CS3でフォトレタッチ

b0167256_2317092.jpg
バイケイソウ 
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f4.5 Av., Exp.-0.33, ISO 800 PS CS3でフォトレタッチ

b0167256_23171620.jpg
シコクスミレの葉
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f4.5 Av., Exp.-1, ISO 800 PS CS3でフォトレタッチ


b0167256_23173462.jpg
アザミの1種と思われる
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f4.5 Av., Exp.-0.33, ISO 800 PS CS3でフォトレタッチ

<お花もお絵描き>

b0167256_23223664.jpg
ベニバナヒメイワカガミ
Eos5D MarkII Fish Eye 15mm, f5.6 Av., Exp.-0.33, ISO 800 PS CS3でフォトレタッチ

<エピローグ>
アウトドアに出れない日は、こんなお絵描きでストレス解消!!これで明日からも元気に働ける!
たまには、こんなフォトレタッチは、どうでしょう?皆さんもお試し下さい。
by bjynp | 2009-05-31 23:32 | お花野 | Comments(8)

皇居の庭園でランチタイム

天気がよいと、ランチタイムは皇居の庭園でとることにしている。
ここは、季節ごとに違った花がどんどn咲いて心がなごむ。今年、皇居の動植物も再調査されるようだ。興味津々。できたら、参加したいくらいだ。
皇居に行けないあなたにも、お裾分け。携帯カメラ(まったく操作不可能)で撮りました。以下のコメントのアッキーマッキーを押すと、オリジナルサイトに繋がります。

b0167256_6205411.jpg
皇居の皐月 満開です iPhone付属カメラで撮影
by bjynp | 2009-05-27 06:22 | お花野 | Comments(7)

ヒメイワカガミを求めてー神山へ

<大涌谷>
箱根の大湧谷は、この日も大盛況だ。硫黄の臭いは、たまらないが、それでも豪快な煙見たさに多くの観光客が訪れる。同じ場所から神山への登山道が続いているが、こちらに向かうのはほんのひとにぎりである。
b0167256_2322598.jpg
大涌谷の噴煙 大涌谷/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f9.0, Av-0.67, Exp., ISO100

b0167256_2352396.jpg
大涌谷の噴煙 大涌谷/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f10, Av, Exp., ISO100

<雨上がりの新緑>
b0167256_237166.jpg金曜日と日曜日は、雨だった。その合間を縫って土曜日は晴れ間が見えた。しかし、ここ箱根では快晴とは行かず、どんよりした雲が空を覆っていた。箱根周辺では、雨で艶やかになった緑が目にしみる。
雨上がりの新緑 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f4.5, Av, Exp., ISO800

<ベニバナヒメイワカガミ>
大津に住んでいた頃は、大津はけっこう雪が多く、ちょっと北に行くと豪雪地帯だった。従って、通常亜高山で見られる花も平地近くで見られる。琵琶湖の西、すなわち湖西地方では、平地から車で5-10分山に走らせると、イワカガミやショウジョウバカマはあちこちで見られた。貴重な所に住んでいたものだ。その頃は、今森さんの影響を受け過ぎて風景写真、昆虫写真(生態観察)が多かったが、植物ももっと観察すれば良かったと今さらながら悔やまれる。
はなねこさんのブログを拝見し、ベニヒメイワカガミが見れるという神山をハイクしたわけだ。ただ、ちょっと時期が遅く、殆どの場所で花は終わりかけていたが、1カ所だけ何とかきれいな花に出会うことができた。ベニ色が鮮やかで、イワカガミに比べて葉の距歯の切れ込みが鋭く、葉は少し小さい印象だ。
はなねこさん、ありがとうございました。
b0167256_23143071.jpg
殆ど終わりかけのベニバナヒメイワカガミ 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f10, Av-0.33, Exp., ISO800

b0167256_23162947.jpg
最後の最後に見つけた、ベニバナヒメイワカガミの群落 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f4.5, Av-0.33, Exp., ISO800

b0167256_2320211.jpg
]最後の最後に見つけた、ベニバナヒメイワカガミの群落 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f4.5, Av-0.33, Exp., ISO1,600

b0167256_23215392.jpg
最後の最後に見つけた、ベニバナヒメイワカガミの群落 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, Fish Eye15mm, f4.5, Av-0.67, Exp., ISO1,600

b0167256_23234293.jpg
散ったベニバナヒメイワカガミの花 神山登山道/箱根
Eos 20D, マクロ180mm, f3.5, Av-, Exp., ISO800

<その他のお花>
標高1,200mを過ぎた辺りからシコクスミレの葉が多く見られたが、残念ながら花は見ることができなかった。

b0167256_232788.jpg
シコクスミレの葉 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, マクロ180mm, f3.5, Av, Exp.-1.67, ISO800、マクロツインストロボ

b0167256_23305624.jpg
ツクバネソウ 神山登山道/箱根
Eos 5D MARKII, マクロ180mm, f7.1, Av, Exp.-2, ISO800、マクロツインストロボ

<樹木に咲く花>
箱根の峠辺りでは、こんな花も見ることができた。
b0167256_23351425.jpg
ガマズミ 箱根の峠付近
Eos 5D MARKII, マクロ180mm, f6.3, Av, Exp., ISO400

b0167256_2338772.jpg
ホオノキ 箱根の峠付近
Eos 5D MARKII, マクロ180mm, f5.0, Av, Exp.-0.33, ISO400

<エピローグ>
はなねこさんのサイトで、ヒメイワカガミが神山で見られることを知り、今週末はスミレはいったんお休みして箱根に出かけた。
ベニバナヒメイワカガミの花の色は、思った以上に鮮やかだった。
by bjynp | 2009-05-24 23:43 | お花野 | Comments(14)

青梅雨の小山ににコミヤマスミレを求めて。。。

<青梅雨>
まだ新緑の残っている季節の雨模様を、俳句の世界では「青梅雨、あおつゆ」と言うらしい。先週の土日は、先週は、土日ともに天気が悪かったが、まだ新緑の残る山並みであった。まさに、「青梅雨」の季語にふさわしい季節だ。
b0167256_10302673.jpg
青梅雨の山並み 長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f5.0, Av, Exp., ISO100

この日は、蕭々と雨の降りしきる空模様でいささか気分も沈みがち。でも、反射鏡に写った緑は美しく、気分をリフレッシュさせてくれる。
b0167256_1034934.jpg
反射鏡に映った緑 長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f4.5, Av, Exp.−1, ISO100

登山道の両側に木が茂っているので、雨はそれほど当たらない。思わぬ自然の造形美に出会った。
b0167256_10405918.jpg
自然の作り出した造形美 長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f4.5, Av, Exp.−1, ISO100

枝の分かれ目にアワムシのお家を見つけた。アワムシは、この中で何してるんだろう?すごい気になるけどプライバシーもあるので、そっとしておこう。
b0167256_10445430.jpg
アワムシ  長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f4.0, Av, Exp.−1, ISO400

雨の日のヤマツツジは、暗い木立をバックにすると、美しさが冴える。
b0167256_10473650.jpg
ヤマツツジ  長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f4.0, Av, Exp.−1, ISO400

<コミヤマスミレは、無事だろうか?>
山道をどんどん登って行くと、心臓もドキドキして来た。コミヤマスミレは、登山道の斜面のがけの崩れたとお頃に1カ所だけ例年見られた。ここの土が取り除かれたり、山で作業している軽自動車が踏みつぶせばいっぺんになくなってしまう危険がある。心配で胸がきゅうーと締め付けられる。期待と不安に胸がはりさけそうになり、目的地に着いた。「あった!咲いてた!」良かった。昨年よりも株数が少し増えたように思う。今年も小さく可憐な花を咲かせてくれた。

b0167256_10545328.jpg
コミヤマスミレ  長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f8.0, Av, Exp.−0.33, ISO800

b0167256_10563997.jpg
コミヤマスミレ  長泉町
Eos 5D MARKII, マクロ180mm, f8.0, Av, Exp.−2, ISO4,000 マクロツインストロボ

b0167256_10582832.jpg
コミヤマスミレ  長泉町
Eos 20D, マクロ50mm, f8.0, Av, Exp.−2, ISO800 マクロツインストロボ 

<エピローグ>
雨の日のハイクは、少々気も滅入るが、山々の緑が気分をリフレッシュさせてくれた。
今年もコミヤマスミレを見つけられてほっとしたが、必ず近くにもっと大きな大群生地があるはずだ。まぜか、去年もコミヤマスミレの撮影日は雨で、雨にたたられている。ただでさえ、暗い場所なのに雨が降るとよけいに暗くなり、マクロのナガ玉で手持ちはつらい。去年の撮影時にやっぱりマクロツインストロボが欲しいと思った次第で、ようやく今年念願のストロボを手に入れた。また、昨年マクロ100mmも壊れてまずはマクロ180mmを手に入れたが、やはりマクロ50mmも欲しかった。一応、マクロ50mm(シグマ)も持っていたが、Eosデジタルでは使えなかった。先日、あまり使っていないレンズを売り払ってようやくこれも手に入れた。これで、植物の写真の撮影環境は、整った。
ブログには、あっさり写真を載せて、詳細な写真は今後はキャノンイメージ ゲートウエイに載せることにした。後ほど、サイトのアドレスも載せるので、興味のある方は、そっちもご覧下さい。

***************************************************************
オンラインアルバムを CANON iMAGE GATEWAY にて作成しました。
3番目のコメントのアッキーマッキーをクリックしてお入り下さい。

CANON iMAGE GATEWAY は対象キヤノン製品をお使いの方のための、
フォトサイトです。→ http://www.imagegateway.net/
by bjynp | 2009-05-23 11:11 | スミレ野 | Comments(5)

スミレを追って-  少し遠出をしました

<夏来る>
俳句の世界では、GWを過ぎれば夏である。先週末は、まさに夏日だった。どこまで行っても1,000円ぽっきりは、期間限定のサービスなので、使わないと損である(と言っても、地方の有料道路は別料金なのは玉に傷である)。とばかりに、遠出をしてみた。田んぼには、水が張り、どこも田植えがすでに始まろうとしている。「え?もう終わってる?」そう、平地ではすでに終わっているが、少し標高が高いと、まさに田植えはこれからである。田んぼの近くでは、苔むした祠が田植えを見守っている。
b0167256_2229788.jpg
苔むした祠  村はずれの田圃の畔
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f11, Av, Exp.-0.33, ISO100

<必然の出会い>
この日もスミレを追って車を飛ばした。標高1,000mくらいではサクラスミレはこの時期見かけることができる。葉脈部分が赤くなっているチシオスミレにはまだ出会ったことがなかったが、この日は少し貧血気味?のチシオスミレに出会うことができた。
b0167256_22364085.jpg
サクラスミレ
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f7.1, Av, Exp., ISO320

b0167256_22405586.jpg
貧血気味の?チシオスミレ
Eos20D, マクロ50mm, f13, Av, Exp., ISO400

今年は、クジャクチョウにまだ出会ってなかったが、この日はようやく出会うことができた。標高が1,00mくらいの所では今の時期、よく見かける。これからどんどん高い所に行くんだろうなあ。越冬個体だが、力強く飛翔していた。ヤマキチョウも飛んでいたが、そっちはまったく止まる気配もなくひたすら猛スピードで通り過ぎるだけだった。
b0167256_22462062.jpg
クジャクチョウ
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f6.3, Av, Exp.-2, ISO100 with マクロツインストロボ

<偶然の出会い>
   ここでの撮影を終えてレストランに入った。時計はすでに1時を回っていた。「お腹減った=」というわけで、すぐに出て来るカレーライスを注文した。午前中に撮影した写真をチェックしようと、カメラをぶら下げてレストランに入った。1台のカメラには、マクロ180mmにマクロツインストロボをつけ、もう1台にはマクロ標準の50mmをつけて大荷物なので、目立ったのだろう。向こうから、シニアの紳士が歩いて来られて話しかけられた。『植物を写していると、ごみが入るが、どうされているか?自分はニコンに撮影素子の清掃を頼んだが、対応が悪く、もうニコンはこりごりだ』と憤慨されていた。確かに、腹這いで撮影していると、どうしても粉塵が入りやすい。レンズ交換の前に、レンズ装着周辺はブロアできれいにしておいた方が良い。「いや、僕はキャノンですが、どうも撮影素子の清掃はキャノンも有料になるようで困ってます」なんて具合に少し話が弾んできた。Mさんは、ご夫婦で来られ、近くで珍しいスミレがあるが、よかったら案内してあげると言われた。願ってもない申し出で、2つ返事でお願いした。
   車を走らすこと10分あまり、Mさんは車を止めた。どうやら、ここからは歩きらしい。奥様は午前中に足をくじいたらしく、車でお留守番だった。話をしていて、その方は大学を定年されて今は趣味で植物の写真を撮られているが、定年前は某有名大学で植物学の教鞭をとられていた植物学の大専門家だった。
   10分ほど歩いて目的地に着いた。なんと、そこにはスミレの交雑種がいっぱい咲いていた。まだ同定もできてないし、余り詳しい情報は掲載できないので、説明はせずに数枚の写真を掲載するだけにする。恥ずかしい話であるが、エイザンスミレ、ヒゴスミレは、ヒラツカスミレ、その他、中間的なものが多く、僕の頭の中では混乱していた。Mさんにご教示頂いて、なんとなく少しは理解できたように思う。
b0167256_23134685.jpg
ヒラツカスミレ
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f6.3, Av, Exp.-0.33, ISO100

数年前に、エイザンスミレとの交雑種でキクバ状の葉をつけたフギレミヤマスミレと思われるスミレを見つけて小躍りした感動は今も忘れていない。今回、ここでキクバ状のスミレをいっぱい見られて驚いてしまった。
b0167256_23163631.jpg
エイザンスミレとの交雑種?
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f3.5, Av, Exp., ISO1
お顔は、アカネではないし、サクラかな?うーん、よくわからない。
b0167256_23201913.jpg
上と同じ株
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f3.5, Av, Exp., ISO800

アケボノスミレは、最もお気に入りのスミレのひとつだ。
b0167256_23271173.jpg
アケボノスミレとの交雑種?
Eos20D マクロ50mm, f10, Av, Exp.-0.33, ISO400
でも葉っぱをみると、マルバスミレっぽい。ここは、交雑種が生まれやすい環境要因がありそうだ。
ISO800
b0167256_2331195.jpg
上と同じ株
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f10, Av, Exp., ISO400

<エピローグ>
Mさんには、歩きながらスミレ交雑種の同定の仕方など色々ご教示頂き、とても勉強になった一日だった。でも、奥様はその間車の中でお留守番。ほんとうにごめんなさい。夕食は、家族で母の日のため早く帰らないと行けなかった。本当は、別の目的もあったのだが、この日は断念した。今日明日は雨。当面ここには来れそうもないが、来年また観察してみたい。
by bjynp | 2009-05-16 23:38 | スミレ野 | Comments(8)

スミレを追ってー三国山編

<目には青葉山ホトトギス初鰹>
昨年のGWに、滋賀と福井の県境にある赤坂山に登った。GWではすでにシハイスミレも多くは終わりかけていた。赤坂山は、西南向きであるが、反対の陽が当たりにくい斜面が気になっていた。赤坂山と尾根続きの三国山は、東北斜面なので、今年んおGW(5月4日)は、そちらから登った。青葉が目にしみいる新緑の季節だ。
b0167256_2240656.jpg
Eos5DMarkII, Fish Eye15mm, f5.6, Av, Exp.-1.33, ISO400

<美人のシハイスミレを求めて>
昨年、赤坂山から登ったときは、唇弁がふくよかで色白の美人のシハイスミレが咲いていた。今年も同じ様な美しいシハイスミレを期待したが、全体的に小さい花が多く、また唇弁もふくよかな株は見当たらなかった。やっぱりもっと早い時期に登らないと。。。
b0167256_22454058.jpg
シハイスミレ 三国山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f9, Av, Exp.-0.67, ISO250

b0167256_2254326.jpg
]シハイスミレ 三国山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f9, Av, Exp.-0.67, ISO250
<オオバキスミレし七変化>
昨年は、オオバキスミレを見たのが初めてだったので、あまり感じなかったが、ここのは、オオバキスミレと言っても葉っぱが小さな株が相当多い。いがりさんの『日本のスミレ』によると、ここのオオバキスミレは、ナエバキスミレやダイセンキスミレに近い株が多いと記載されている。
b0167256_2325996.jpg
オオバキスミレ 三国山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f7.0, Av, Exp.-0.67, ISO 1,250

b0167256_2353666.jpg
ナエバキスミレ、ダイセンキスミレに似たオオバキスミレ 三国山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f7.0, Av, Exp.-0.67, ISO 1,250

<ちょっと変わったフモトスミレ>
岩場でめちゃめちゃ小さなフモトスミレを見つけた。距も赤く、花弁の裏側や内側も相当あかくなっている株だ:。画像の一眼左のしトウカイスミレとも間違えそうな株だった。
b0167256_2395455.jpg
ちょっと変わったフモトスミレ 三国山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f5.7, Av, Exp.-0.67, ISO 640

<その他のお花>
赤坂山、三国山で有名なのは、やっぱりトクワカソウだ。画像のトータルサイズの関係で、ここまでしかお見せできないのが残念だ。続きは、またの機会に。
b0167256_23165336.jpg
トクワカソウ 三国山 Eos5DMarkII, Fish Eye15mm, f9, Av, Exp., ISO250
by bjynp | 2009-05-10 22:39 | スミレ野 | Comments(12)

スミレを追ってー三ツ峠山編

<山頂でいっぱいゴクッと。。。>
今日は、キバナノコマノツメが咲いてくれていることを期待して三ツ峠山に登った。一番楽な登山口から登った。途中でおじさんとお話ししながら登ったので、疲れも感じず、40分くらいで登れてしまった。山頂では、名古屋から見えたおじさんグループと歓談(自分もおじさんなことに変わりない)。汗だくで登って来て山頂でまずやりたいのは、冷えた1パイ。「いかん、いかん。ドライバーは飲んじゃイカン!」というわけで、今日は冷え冷えのこれを持って来てごくりとやった。「え、これ、しらない?これ、キリンのフリーです。アルコール度数0.00なんで、ドライバーも安心して飲めます。ハイキングするあなたもぜひお試し下さい(笑)」
b0167256_2263573.jpg
富士山を見ながらキリンのフリーをゴクリ! 三ツ峠山
Eos5DMarkII, EF28-70mm, f22, Av, Exp., ISO100

<ついにキバナノコマノツメ、ゲット!>
いつも三ツ峠山は4月末に来ていた。5月末に来ようと思いつつ、その時期にはいつも忘れており、今までキバナノコマノツメには残念ながら会えなかった。今年は4月も中旬から一気にヒートアップしたんで、例年より早く咲くだろうと大きな期待を抱いて登って来た。山頂から表口へ降りて行くと、キジムシロばかりいっぱい咲いている。
b0167256_22134188.jpg
キジムシロ 三ツ峠山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f5.6, Av, Exp.-0.33, ISO100

スミレはタチツボとエイザンスミレなかり。「やっぱりまだ早かったか?」ちょっと嫌な予感が脳裏をよぎる。すると、キジムシロより小さな黄色の花を見つけた。「あった!ようやく、キバナノコマノツメ、ゲット!」恐らく咲いているだろうとは期待していたが。予想以上に花が多い。やっぱり温暖化は標高が高い所まで影響してそうだ。ここで撮影していたら、Tさんご夫妻に話しかけられた。うまく画像、届いたかな?
b0167256_22181432.jpg
キバナノコマノツメ 三ツ峠山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f9.0, Av, Exp.-1.00, ISO100, ストロボ
b0167256_2222571.jpg
キバナノコマノツメ 三ツ峠山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f9.0, Av, Exp.-1.00, ISO400, ストロボ


<その他の花>
さらに降りて行くと、岩場にイワザクラが咲いていた。
b0167256_22263598.jpgイワザクラ 三ツ峠山
Eos5DMarkII, Fish Eye15mm, f5.6, Av, Exp.-1.33, ISO400

白い小さなスミレを見つけた。「フモトスミレか?撮影は必要ない」と思ったが、近寄ってみるとナント、ヒメスミレサイシンだった。やったあ、これで今日も新たに20。これで日本のスミレも60種類近くゲットできた。
b0167256_22332750.jpg
ヒメスミレサイシン 三ツ峠山
Eos5DMarkII, マクロ180mm, f9.0, Av, Exp.-1.00, ISO400、ストロボ

<エピローグ>
●新たに今年ゲットしたスミレは、8種類。今年はまだまだ増えそう。ウキウキ
●Tさん夫妻をはじめ、皆様お疲れさまでした。またどこかでお会いしましょう!
●三ツ峠山荘のご主人、長時間話し込んでごめんなさい。コーヒーありがとうございました。
●今日の教訓:山は360°ぐるっと見よう!
●この他に、エイザン、タチツボ、アカフタチツボ、ヒナ、オカの各種スミレが咲いていた。
by bjynp | 2009-05-02 22:47 | スミレ野 | Comments(17)

ひるがの高原、恵那峡,

<山より高い鯉のぼり>
28日は、両親を連れてひるがの高原に出かけた。サービスエリアでは風を受けた鯉のぼりがゆうゆうと泳いでいた。向こうに見える大日岳、白山よりも高い?
b0167256_18244345.jpg
山より高い鯉のぼり ひるがの高原サービスエリア
Eos5DMarkII, Fish Eye 15mm, f13, Av, Exp., ISO100

<恵那峡にて>
恵那峡は、木曽川の上流にあるダムがせき止められてできた人工湖。ここの周辺は、奇岩が多く、県立自然公園になっている。湖の周りには遊歩道があり、お花も楽しめる。
自然公園の入り口付近に旅館があり、見事な白藤が咲いていた。
b0167256_18341355.jpg
白い藤の花 恵那峡自然公園
Eos5DMarkII, Fish Eye 15mm, f9, Av, Exp.-0.33, ISO400

白いすみれがあちこちに咲いていた。どうやら、アリアケスミレのようだ。いがりさんの図鑑には、どこにでもあるように書かれているが、なぜか今まで一度も見たことがなかった。写真は、典型的な顔立ちのアリアケスミレ。駒ヶ岳サービスエリアでもアリアケスミレをみたが、こちらは標高も高いせいかシロスミレとの鑑別が難しかった。次回、シロスミレをぜひゲットしたい。
b0167256_18373256.jpg
アリアケスミレ 恵那峡自然公園
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f6.3, Av, Exp., ISO1,250

自然公園の中には、その他の可憐な花もあった。ひとつは、ジュウニヒトエ。なんとも言えない可愛らしさがある。
b0167256_18453695.jpg
ジュウニヒトエ 恵那峡自然公園
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f5.0, Av, Exp., ISO1,000

もうひとつは、ヒメハギ。白いひげがユーモラスだ。
b0167256_18531725.jpg
ヒメハギ 恵那峡自然公園
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f5.0, Av, Exp., ISO125

<駒ヶ岳、中央フリーウエイのサービスエリア>
駒ヶ岳のサービスエリアからは、駒ヶ岳などが近くに見える。残雪が美しい。
b0167256_1926219.jpg
駒ヶ岳 駒ヶ岳サービスエリア
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f9.0, Av, Exp., ISO 100

ここのサービスエリア内には大きな遊歩道があり、林の中を散策できる。林の中では、マルバスミレが咲いていたので、フォトジェニックに撮影してみた。期待していた他のスミレは見当たらなかった。
b0167256_19192725.jpg
マルバスミレ 駒ヶ岳サービスエリア
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f4.0, Av, Exp., ISO1,250

ギンリョウソウが頭をもたげようとしていた。先日の雨に誘われたようだ。
b0167256_19221645.jpg
ギンリョウソウ 駒ヶ岳サービスエリア
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f4.0, Av, Exp., ISO 400

<中央フリーウエイのとあるサービスエリア>
高速道路のサービスエリア、スミレフリークの僕としては、ちょっと違った楽しみ方を覚えてしまった。サービスエリア内は、公園も整備されているが土は外から運んでいるので、自生の花などは楽しめない。ところが、さ^ビスエリアで働いている方のために当然ここから歩いてなら外に出ることができる。これを利用して標高1,000メートル以上のサービスエリアの外を散策してみた。時計はすでに5時をゆうに過ぎていた。林の中はすでに暗かったが、足下になんとヒカゲスミレを見つけた。高尾山周辺でしか見たことがなかったので、すごく感動した。やっぱりスミレは自分で見つけるに限る。最初見つけたのは1株だけだったが、近くを散策して群生地を見つけた。ここには、タカオスミレは残念ながら見つからなかったが、次回はこの周辺をもっと散策してみたい。
b0167256_1935981.jpg
ヒカゲスミレ 中央フリーウエイのとあるサービスエリアの外
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f4.0, Av, Exp., ISO 2,000
b0167256_19363667.jpg
ヒカゲスミレ 中央フリーウエイのとあるサービスエリアの外
Eos5DMarkII, マクロ 180mm, f4.0, Av, Exp., ISO 2,000

<エピローグ>
●スミレ:新たなスミレとしてアリアケスミレをゲット。なんで今までみてなかったんだろう?ふしぎだなあ。但し、シロスミレと鑑別の難しい株もあったので、5月末から6月くらいにシロスミレを探しに行きたい。これで今年の目標は達成したんじゃないかな?でも、あと3つくらいは行けそう。ホクホク。
by bjynp | 2009-05-02 19:16 | スミレ野 | Comments(0)


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧