<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【割込みレポ 耳寄り情報】伊吹のユウスゲ

<山さんから嬉しいメール>
横浜に戻っていた週末、山さんからメールがあった。最初は、三ツ峠の山さんかと思いきや、伊吹山のロッジ山のMさんからだった。昨年、ユウスゲの咲く頃に教えてねと図々しくお願いしていたようだ。
昨年とはうって変わって、今年はユウスゲが大群生、しかも今がピークと聞いては男、アッキーマッキー行かざるを得まい。幸い、月曜日は取りたくもない年休をとらないといけなかった(嘘!取りたくて仕方なかった・・・)のと、ちょうど岐阜のN名誉教授に会う約束になっていたので、その帰りに立ち寄ってみた。
b0167256_2126573.jpg


この日は、朝から雲りがちだったが、現地に着くと、ホラ、こんなに綺麗な空になっていた。なるほど、ユウスゲがあたり一面に咲いている。
b0167256_2128276.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月30日
3. 撮影カメラは、Eos60D、レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-31 22:24 | お花野 | Comments(11)

唐松岳登山 其の肆 雪渓のお花達、他

<前回の答え>
皆様、回答ありがとうございました!
上段左から右に、アカモノ、ミヤマクロユリ、下段左から右に、イワカガミ(訂正:鋸歯の荒い歯とそうでない歯があり、コイワカガミとの区別が難しく、イワカガミと表記しておきます)、タカネヤハズハハコ、ミヤマクワガタ(虫じゃない)でした。イワカガミの仲間の見分け方がまだよく分からないです。

<シラネアオイ>
快晴のもと、白根葵がさいてました。白根山、峠は通ってますが、登山はしたことがない。いつか行ってみたい。
b0167256_6343265.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月16日
3. 撮影カメラは、Eos60D、レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-28 12:00 | お花野 | Comments(0)

唐松岳登山 其の參 山頂の絶景とお花達 続き

<山頂で360度のパノラマ!>
雪渓はすっ飛ばして、今日は山頂の話題。
登り始めてから6時間ほどで山頂に到達。お花をいっぱい撮影すると、このくらいはかかる。
山頂の北西部に、この標識がある。標高2,699M。白馬岳に比べるて300Mくらい低い。この差は大きい。ここでは見れない花も白馬岳では見れることもある。例えば、ミヤマアケボノなんかもそう。
b0167256_21354658.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月16日
3. 撮影カメラは、Eos60D、レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-26 22:51 | お花野 | Comments(9)

唐松岳登山 其の參 山頂の絶景とお花達

<更新、遅れてます>
取り急ぎ、暑中見舞いまで。続きは、多分、今晩には。
b0167256_7292930.jpg

by bjynp | 2012-07-26 07:30 | お花野 | Comments(2)

唐松岳登山 其の弐 八方尾根の花

<雲の上>
登れば登るほど、雲の上に。そこは、より一層空気も澄んで絶景を楽しめる。白馬連峰の山並みがこんなにきれいに。
b0167256_655037.jpg


今、登ってきた方角を見やると、眼下に雲海が広がってきた。雲の上にきたことを実感できる。
はるか雲の彼方に、富士山も頭を出していた(雲の上、中央)。
b0167256_663082.jpg


眼下の家並みは、雨に朝露に濡れてるんだろうか?太陽の光を反射して光っている。
b0167256_66316.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月16日
3. 撮影カメラは、Eos60D、レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-23 06:05 | お花野 | Comments(10)

唐松岳登山 其の弌 涼景を求めて 

<前回の答え>
結局、誰からも回答を貰えなかったので、今回も答えだすのはやめようかと思ったが、それはそれで意地悪っぽいので、一応書いとこ。シロバナノヘビイチゴでした。

<最高!!!>
先週の土日はほぼ丸々お仕事だった。せっかくの3連休に3日とも仕事では精神的に参ってしまう。
それに、名古屋の部屋にはエアコンなし、扇風機も出しておらず、目下、団扇のみの生活。そろそろ体も涼を求めてきたので、日曜日の夜中、いざ、唐松岳目指して出発!
途中で仮眠して5時頃に白馬駅前に。観光協会でロープーウエイのチケット購入。約40分間で標高1,830mまで登ってくれる。
アルペンクワッドを降りると、そこはもう天空の世界だ。この空の青さ、たまらない!
b0167256_22181789.jpg


尾瀬で2週間前に咲き始めたニッコウキスゲ。2週間経ってここ唐松岳でも咲き始めた。
b0167256_2218324.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月16日
3. 撮影カメラは、Eos60D、レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-19 23:33 | 風景野 | Comments(11)

ウチョウランに似たこのランは?

<前回の答え>
皆さん、コメントありがとうございました。特に、はなねこさんは全問答えてくれてありがとう♪
さて、答ですが、右からトキソウ、ノビネチドリ(この株だけ異様に花数が多かった)、ハクサンチドリ、そして問題は一番左の画像。コバノトンボソウかホソバノキソチドリかです。まだ花芽なので区別しにくいですが、それでも距は上を向いておらず、下を向いているように見える。また、亜高山の湿地帯であることから、ホソバノキソチドリで良いでしょう。いかがでしょうか?

<みーつけた!>
登山口から歩くこと、どのくらいだっただろうか?少しひんやりしてそうで、ある程度日当りの良い岩場の上の方を探してたんだが、ナント、目の高さぐらいの所に綺麗な株があった。これこれ、探していたランはニョホウチドリ!ウチョウランに似ているが、もう少し大柄で、花色は濃い。
その株は後でじっくり登場してもらうので、まずはキバナノヤマオダマキ。水滴が光っているが、あまりよくわからない。f2.8で撮影したのだが、もう少し絞った方が良かったなぁ。
b0167256_2119971.jpg


そして、滝の近くで見つけた株。冷たい空気を受けて嬉しそう。
b0167256_21265869.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月8日
3. 撮影カメラは、Eos60D、Eos5D MARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-15 22:21 | お花野 | Comments(0)

尾瀬の花散策 尾瀬ケ原

<前回の答え>
azmさんが見つけちゃいましたが、ショウキランの蕾です。本当はさいてて欲しかったけど、それもまた次回のお楽しみ。

<早起きは三文の得>
日曜日の晩に泊まったのは、弥太郎小屋。日曜日ということもあって10畳ほどの広さの部屋を一人占め。早朝に起きてみると、窓の外には尾瀬の湿原が広がっていた。
b0167256_2272456.jpg


昨夜は大雨のようだったが、この日は雨はやみ、散策には持ってこいの日和だ。湿原の花には朝露がつき、さながら宝石のように輝いていた。皆様にもお裾分け。
b0167256_2272875.jpg

<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月2日
3. 撮影カメラは、Eos60D、Eos5D MARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 マクロ180mm f3.5、EF28-70mm f2.8、fisheye 15mm f2.8、Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-11 07:17 | お花野 | Comments(6)

尾瀬花の散策 其の弐 富士見峠〜見晴

<大雨の予感>
富士見峠の手前、目の前がぱあっと広がったと思ったら、山麓からものすごい風と霧が舞い上がって来る。もの凄い勢いで、ちょっと怖くなった。「こりゃあ、大雨になるな。」
富士見峠の山小屋であったかいコーヒーを1杯急いでご馳走になった後は、急いで見晴に通じる樹林帯に。
b0167256_22433597.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月1日
3. 撮影カメラは、Eos60D、Eos5D MARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-08 23:22 | お花野 | Comments(2)

尾瀬花の散策 其の弌 至仏山〜富士見峠

<前回のクイズ>
すでに、皆さんから回答頂いてほぼ出せる考察は出して頂いた。純粋なフイリシハイスミレと見るか、フモトスミレとの交雑と見るかに集約できよう。今の時期ではこれ以上分からないので、来春確認したら皆様にも報告したい。

<空中回廊>
いつものように夜中に自宅を出発し、尾瀬に向かう。この日の天気予報、午後は雨。鳩待峠から急いで至仏山に登る。数十分の坂を登ると、やや平坦なコースとなるが、ここの見晴らしが良い。さながら、空中回廊とも呼びたいくらい。この景色、皆さんにもお裾分け。
b0167256_13896.jpg


そして、こっちは朝露に濡れたノウゴウイチゴ。すでに花期も終盤のため、花弁が2, 3枚落ちてしまっている。昨年7月8日に出かけた時はすでに花がなかった。
b0167256_131146.jpg


<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1. 画像をクリックすると、大きな画像が見れます。
2. 撮影日は、2012年7月1日
3. 撮影カメラは、Eos60D、Eos5D MARKII。レンズはCanon マクロ100mm f2.8、 Sigma マクロ50mm f2.8。
4. 野山の花は自然の中で楽しみましょう!持ち帰りはやめましょう。撮影時には、足下のお花を踏まないように注意しましょう。自戒も込めて。

More
by bjynp | 2012-07-06 06:29 | スミレ野 | Comments(6)


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

はなねこさん、明けまして..
by bjynp at 17:09
明けましておめでとうござ..
by はなねこ at 17:04
やまぼうしさん、あけまし..
by bjynp at 09:39
新年、明けましておめでと..
by yamabousi-28 at 19:30
xxさん、気づかずに御免..
by bjynp at 09:48
アラックさん、御無沙汰し..
by bjynp at 22:22
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 07:11
makokuniさん、コ..
by bjynp at 00:52
フジスミレ、北関東だけと..
by makokuni at 22:20
arakさん、ありがとう..
by bjynp at 21:27

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧