黄色のホトトキスを捜しにーシリーズIII チャホ

<霊山>
朝一番には美しかった富士山も山を登るといつしか厚い雲に覆われ、お隠れになってしまった。三島に住んでいた頃も富士山は毎日見れたわけではないし、こんな感じで朝から雲に覆われていた日も多かった。富士山が霊山と呼ばれる所以であろう。今日は、近くで見れる黄色のホトトキスの中で最も可愛らしいチャホホトトキスを捜しに出かけた。霊験あらたかな富士山に祈ったことは言うまでもない。さて、その霊験は。。。お楽しみ。
b0167256_9513186.jpg
霊山富士 6628.jpg

<地元のおじさん>
山の中腹まで来ると、いったん道は平坦になった。ここからは急な上り坂である。先を歩いていた元気そうなおじさん、お年は70過ぎくらいだろうか?
おじさんから、チャホ見に来たんですか?と聞かれた。ここの山はチャホを見に来られる方が多いようだ。おじさんの話によれば、この山のチャホも昔に比べると相当少なくなってしまったらしい。一番の原因は「持ち帰り」らしい。
b0167256_1011598.jpg
元気なおじさん 6520.jpg

<Moreボタンを押してごゆっくり>
注:
1.各画像をクリックすると、拡大画像が見れます。
2. 今回、キャノンのイメージゲイトウェイには掲載しません。あしからず。
4.本種は撮影県で絶滅危惧種です。盗掘が多いようなので検索回避のため、花の名前から濁点を外しました。コメントでもご協力をお願いします。
5.撮影地は調べればわかると思いますが、ここでは記載いたしません。ご理解をお願いします。



<花芽、見っけ>
急な登り坂になってすぐに木の根元にらしき葉っぱを見つけた。小さな花芽がついていた。
b0167256_10145262.jpg
小さな花芽をつけたチャホ 6523.jpg

もう少し登ると、花芽の大きい株が見つかった。この調子なら上に行けば、咲いている株もありそうだ。ワクワクして足取りも軽くなる。
b0167256_1016073.jpg
もう少し大きな花芽をつけたチャホ 6523.jpg

<ヤマホトトキス>
しばらく登ると、ヤマホトトキスが咲いていた。この標高では早い開花だ。赤紫色の斑紋が鮮やかだ。
b0167256_10234856.jpg
ヤマホトトキス 6555.jpg

この山には、白化型に近いヤマホトトキスもかなり咲いていた。やはり地質的にも少しちがっているんだろうか?
b0167256_10342659.jpg
シロバナに近いヤマホトトキス 6551.jpg

<やっと>
そして、ついにチャホを見つけた。大きな葉っぱに囲まれて可愛らしい花を開いていた。地面にぺったり咲いている様がまた可愛らしい。
b0167256_1050936.jpg
チャホホトトキシス 6580.jpg

もう少しアップで。
b0167256_10505016.jpg
チャホホトトキシス 6582.jpg

ドアップで。尾根沿いの林床にはちらほら咲いていたが、最初のおっちゃんがいつしかまた現れて、昔はここにいっぱい咲いていたんやが。。。と言われていた。昔を知っている方には淋しい思いなんだろう。
b0167256_10512684.jpg
チャホホトトキシス 6581.jpg

<スミレ観察>
スミレフリークとしては、やはり来春に向けての調査は欠かせない。なにか珍しそうなスミレの葉っぱが無いか常に見て歩いている。タチツボスミレの葉っぱにまぎれて明らかに違う葉っぱがあちこちに見られた。ギザギザが鋭い心形の葉っぱ、葉っぱの裏が緑色などから、ミヤマスミレの可能性が考えられた。NYANさんからも、ミヤマスミレで良いのではとのコメントを頂いた。来春が楽しみだ。
b0167256_1115382.jpg
ミヤマスミレと推定した葉っぱ 6561.jpg

こちらは小さな葉っぱ。裏側が緑色なのでフモトではない。もしかしてトウカイ?と期待を持ったが、NYANさんからはヒメミヤマの可能性もあるのでは?とのコメントを頂いた。確かに、その可能性の方が高いかもしれない。こちらも来春が楽しみだ。
b0167256_12365560.jpg
ヒメミヤマ?トウカイ?スミレと思われる葉っぱ 6606.jpg

<エピローグ>
割合近くで見れる黄色のホトトキスを全て撮影した。ジョウロウホトトキスはやっぱり上品な感じだ。沢のそばに咲いており、まさに清楚な感じだ。スルカは予想以上に多くの株が見られたが、サカミは株数が少なく、心配である。山野草趣味の方には、お持ち帰りはしないようにくれぐれもお願いしたい。
お届けしたホトトキスの中でチャホは一番可愛らしかった。けっこう標高も低い山なのに、ミヤマスミレらしき葉っぱを見つけれたのはラッキーだった。
タマカワは白馬で撮影したものだ。三ツ峠山の中村さんの話では、昔は登山道の脇に結構咲いていたそうだ。こちらはお持ち帰りよりも山の乾燥化の問題を挙げられていた。山全体の生態系の維持、大変難しい問題で、県あるいは國の補助もないと難しいが、まずは自分たちでやれることをやって行くしか無い。そうそう、その中村さんが10月1日から二人展を東京で開かれる。次回のアップ時に紹介する。
by bjynp | 2010-09-23 11:15 | お花野


ネイチャー(花、風景、昆虫など)の写真、エッセイを載せてます。春はスミレ追いかけてます。アップルがサービスを中止してオリジナルサイトNature Worldを更新できなくなったので、こちらに隠れ野、開きました。


by アッキーマッキー

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

野草風薫
花鳥風景
ここから
NATURE DIARY
自然万華鏡 Blog v...
花景色-K.W.C. P...
Deep Season 
山野草の想い
風街角
pode ser um ...
野山に遊ぶ
信濃路花散歩

外部リンク

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
スミレ野
お花野
生き物
風景野
昆虫野
野鳥
お散歩
旅野
バー野
星景
野生動物

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧